table.getByQuery()

アクションテーブルクエリを実行して、レコード情報の配列を取得します。

Syntax:

table.getByQuery(query_name, params, options, callback);

Arguments:

Name

Type

Required

Default

Description

query_name

String

アクションテーブルクエリ名

params

Object

{}

アクションテーブルクエリに渡すパラメタ

options

Object

{}

callback

Function

コールバック

options arguments:

Name

Type

Description

ignore_field

[String]

指定したfieldについては、params内の値がundefinedの時、Filterが無視されます。アクションテーブルのモードがflexibleの場合のみ使用できます。

callback arguments:

Name

Type

Description

err

Object

エラーオブジェクト

items

[Object]

レコード情報の配列

var table = widget.collection('v2/actiontable001');
var params = { item_category: 'fruit' };
table.getByQuery('query001', params, function(err, items){
    if (err) return console.log('err: ' + err);
    console.log('items: ', items);
});

// ignore_fieldで指定したfieldの値がundefinedの時、filterが無視されます
// アクションテーブルのモードが`flexible`の場合のみ有効になります
var params = { item_category: undefined, item_name: 'apple' };
var options = {ignore_field: ['item_category']}
table.getByQuery('query001', params, options, function(err, items) {
    if (err) return console.log('err: ' + err);
    console.log('items: ', items);
});