widget.storage.local.store

ページ間をまたいで、データを保存することができます。

widget.storage.local.store(key, value, options)

Arguments:

Name

Type

Description

key

String

保存時のキー

value

Any

保存する値

options

Object

options.expire

Number

有効期限(ミリ秒)

const cnt = 0;
widget.storage.local.store("cnt", cnt, {
  expire: 1000
});

🚧

Native Appに配信されるwidgetでのlocalStorage利用について

widget.storage.local.storerestoreは、内部的にWebブラウザのlocalStorageを利用しています。

KARTEのNative App SDKが生成するWebViewの場合でもlocalStorageが利用できることを確認していますが、OSの仕様によってはlocalStorage内のデータがアプリ再起動時などに自動で削除される場合があります。