静的変数

カスタマイズ>変数>静的変数に定義することで、HTML・CSS・Script上で展開できます。

フォルダ

静的変数ではフォルダーを定義出来ます。フォルダの中に入れたものは変数としてはHashの扱いになり、dot syntaxでアクセスすることが可能です。

リスト

静的変数ではリストを定義出来ます。リストの中に入れた変数は、Arrayの扱いになり[]を使ってアクセスすることが可能です。

<span>Message: #{ message }</span>
<span>Message in a folder: #{ fld.message }</span>
<span>Message in an array: #{ arr[0].message }</span>

KARTE内部で定義された変数

下記の変数は、特に定義をせずに使用できます。

NameDescription
user_idアクションが表示されたユーザーの、KARTE の user_id
visitor_idアクションが表示されたユーザーの、KARTE の visitor_id
user_nameユーザー名
buy イベントの customer_name フィールドの値が表示されます。もしなければ identify イベント(ユーザータグ)の name フィールドの値が使用されます。どちらも設定されていない場合は「あなた」と出力されます。
campaign_id接客サービスの ID
shorten_idアクションの ID
is_webweb からアクションを表示した際に、true を返す
is_iosiOS からアクションを表示した際に、true を返す
is_androidAndroid からアクションを表示した際に、true を返す
<span>Hello, #{ user_name }</span>