ユーザー情報変数

ユーザー情報変数は、接客サービスを配信するユーザー毎に、「過去に発生したイベントの値」をアクションから利用できます。

カスタマイズ>変数>ユーザー情報変数に定義することで、HTML・CSS・Script・静的変数内に出力することが可能です。

設定方法についてはこちらの記事をご確認ください。

ユーザー情報変数の出力

ユーザー情報変数は、HTML・CSS内に出力する場合、インジェクションを避けるためHTMLエスケープされます。

Script内で出力する場合は、出力オプション「RAWモード」「JSONで出力」を利用すると、出力される値の型によって以下のように出力され方が変わります。

値(型)オプションなしRAWモードJSONで出力RAW&JSON
test(文字列型)"test"test"test""test"
3(数値型)"3"3"3"3
[a,b](配列型)"a,b"a,b"["a","b"]"["a","b"]
{a: 3, b: 4}(オブジェクト型)'{"a": 3, "b": 4}'{a: 3, b:4}"{"a": 3, "b": 4}{a: 3, b:4}

デフォルト値

値が送信されていないユーザーに対して、代わりに出力する値です。

❗️

値が存在しない場合、接客が配信されません

プレビュー値を設定しない場合、「値が存在しない」ユーザーには接客サービスが配信されず、A/Bテストに影響を与える可能性があります

プレビュー値

接客サービス編集画面の、エディタやサムネイルで変数に出力される値です。実際の配信時には利用されません。

<span>Hello, #{ name }</span>