chat.emitter.on

チャットに関するイベントハンドラを登録します。

Syntax:

chat.emitter.on(eventName, listener);

Arguments:

Name

Type

Required

Default

Description

eventName

String

以下の4種類のイベントのリッスンが可能
activate: チャットパネルを開いたイベント
deactivate: チャットパネルを開じたイベント
talk_chat_status_changed: チャットのステータスを変更した時のイベント
unread_message_count_changed: 未読メッセージ数が変化した時のイベント(ウェブチャットV3でのみ利用可能)

listener

Function

イベントハンドラ
'talk_chat_status_changed'の場合は引数dataのchatStatusの中に変更後のチャットステータスの値の中に以下のどれかの値を持つ
open: 対応中
waiting: 返信待ち
closed: 対応済み

'unread_message_count_changed'の場合は引数countに未読メッセージ数が渡される

chat.emitter.on('activate', function(){
  console.log('chat activated');
});

chat.emitter.on('deactivate', function(){
  console.log('chat deactivated');
});

chat.emitter.on('talk_chat_status_changed', function(data){
  console.log('chat status: ', data.chatStatus);
});

chat.emitter.on('unread_message_count_changed', function (count) {
    console.log('unread_message_count_changed: ',  count)
})