tracker.user

identifyイベントの送信

tracker.track('identify', values, callback) のaliasです。

KARTEではユーザー情報もidentify イベントとして、他のイベントと同じ形式で扱います。

Syntax:

tracker.user(values, callback);

Arguments:

Name

Type

Required

Default

Description

values

Object

{}

イベントのデータ(no schema)

values.user_id

String

null

サイト内でのUUID

callback

Function

null

📘

user_idについて

user_idが明示的に送信された場合をメンバー、自動的にSDKで付与した場合をビジターと呼んでいます。会員登録/ログインしたユーザーはuser_idを送ることでメンバーとして認識し、複数デバイス間でデータをmergeすることができます。詳しくはこちらを参照下さい。

Arguments for Talk:

Name

Type

Defalt

Description

international_phone

object

{}

国際電話番号形式の電話番号: '+818012345678'