tracker.track

イベント送信

イベントを送信します。

Syntax:

tracker.track(event_name, values, callback);

Arguments:

Name

Type

Required

Default

Description

event_name

String

イベント名

values

Object

{}

イベントに付与したいフィールドを渡します。 詳細

values.transaction_id

String

二重送信を防ぎたい時に設定する ID
直前に同一の transaction_id が設定されているイベントが送られている場合、送信がブロックされます(イベント名が異なってもブロックされます)

callback

Function

イベント送信完了時に呼び出される callback 関数

🚧

event_name の注意

event_name には一部予約語があり、使えない場合があります。
こちら をご確認下さい。

🚧

values の注意

values のフィールドにも一部予約語があり、使えない場合があります。
こちら をご確認下さい。

一部のイベント名についてはAliasのコマンドが用意されています。

Alias:

Event Name

Description

Alias

identify

ユーザー情報

tracker.user(values)

buy

購入

tracker.buy(values)

view

ページビュー

tracker.view(values)

page

ページ情報

tracker.page(values)

Example:
tracker.track("hoge", {
  number: 1,
  string: "fuga",
  bool: true,
  datetime: new Date()
});
tracker.track(
  "hoge", 
  {foo: 'bar'},
  function() {
    console.log('event sent');
  }
);