tracker.form

フォームトラッキング

引数で指定したCSSセレクタに合致するページ上のformに対してイベントハンドラを登録し、submit時にフォームの内容をKARTEのイベントとしてトラッキングします。
submitイベントが実行される前にtracker.formを実行してください。

Syntax:

tracker.form(dom_selector, options)

Arguments:

Name

Type

Required

Default

Description

dom_selector

String

'form'

トラッキングした form の DOM を示すCSS セレクタ

options

Object

null

オプション

options.event_name

String

'form'

イベント名

options.send_data

Boolean

false

actionmethod 以外のパラメータもトラッキングします。(type="password" の場合は、send_data=true でも送信しません。)

options.stop_words

[String]

[]

send_data: trueの場合でも値を保存したくないinputのnameを配列形式で指定できます。

options.pre

Function

null

送信データをカスタマイズするための関数

options.pre arguments:

Name

Type

Description

data

Object

form で送信されたデータ

tracker.form("#formA", {
  event_name: "formA_send",
  send_data: true,
  stop_words: ["password", "pass", "company"],
  pre: function(data) {
    delete data.password;
    return data;
  }
});

🚧

ブロッキングと二重送信について

tracker.formtracker.link はページ遷移をブロックしません。イベントは一度 localStorage に保存し、ページ遷移が速く送信が完了しなかった場合、ページ遷移を跨いで送信することがあります。そのためタイミングによっては二重送信となることがあります。