Cordova以外のツールで開発したWebViewアプリへのKARTE SDK導入は可能ですか?

このページでは、CordovaのようにWebViewベースのモバイルアプリを開発するツールへのSDK導入可否について説明します。

Monaca

Monacaでは、あらかじめ用意されたプラグイン以外には、ネイティブ機能にアクセスできないため、KARTE SDKはご導入頂けません。

Ionic Framework

現在KARTE for Appは、Ionic Frameworkに対応したSDK及びBridgeを提供していません。
Ionic Frameworkで構築されたネイティブアプリにKARTE for Appを導入する場合は、独自にKARTEのCordova SDK(Beta)を呼び出すラッパーを作成いただく形で対応可能です。
このラッパーは、その他のIonic Nativeライブラリに相当するTypeScriptファイルを記述することで作成可能です。
参考: Ionic Native

※PLAID側ではSDK及びCordova SDK(Beta)については各種サポートポリシーに準拠した形でのサポートを行いますが、ラッパー自体の作成に関するサポートは致しかねます。

Capacitor

Capacitorでは、Cordovaプラグインをインストールする方法が用意されているため、KARTEのcordova pluginを使用することが可能です。
参考: Cordovaプラグイン | Capacitorドキュメンテーション