クエリを実行する

クエリの文法

データテーブルに対するクエリは、Google BigQueryの標準SQL形式で記述します。

詳細については、Google BigQueryの標準SQLリファレンスを参照してください。

なお、 CREATE TABLEINSERT INTO などデータ定義やデータ操作を行うSQLを直接実行することはできません。

パターン

SELECT
  user_id
  , age
FROM
  `project_id.dataset_id.table_id`

パターン

説明

project_id

プロジェクトID
※ "prd-karte-per-client" になります。

dataset_id

データセット作成時につけた「データセット名」の末尾に、"_" と「プロジェクトのAPIキー」を付与したもの

table_id

データテーブル作成時につけたテーブル名

SELECT
  user_id
  , age
FROM
  `prd-karte-per-client.karte_client_1234567890ab1234567890ab12345678.test_table`

ショートカットキー

  • クエリ実行時には以下のショートカットも利用可能です。

実行内容

ショートカットキー

クエリの実行

Win:Ctrl-Enter
Mac:Command-Enter

クエリの整形

Win:Ctrl-Shift-F
Mac:Ctrl-Shift-F

🚧

クエリの実行結果について

クエリ画面で実行した結果は999件まで確認することができます。

📘

karteevent*テーブルをクエリから参照する特殊な記法

karteevent*テーブルをFROM句に指定する場合、通常のBigQueryのテーブル指定とは異なり、KARTEが定義する特殊な記法を使用する必要があります。

詳しくは以下をご覧下さい。
https://developers.karte.io/v1.0/docs/datahub-karte_event-table

記述例(クエリv1)

SELECT
  user_id
FROM
  {{ karte_event('20180101', '20180131') }}

記述例(クエリv2)

SELECT
  user_id
FROM
  {% karte_event '20180101', '20180131' %}

📘

UDFの利用について

一時的なSQL UDFのみご利用いただけます。
(永続的なSQL UDFや、JavaScript UDFはご利用頂けません)
Datahubを活用してターゲット配信を行うのクエリ内では一時的なSQL UDFもご利用頂けません)

UDFの詳細については、Google BigQueryの標準 SQL ユーザー定義関数を参照してください