アクションテーブルを作成する

テーブルの作成方法は2種類あります。

空のテーブルを作成

  • [アクションテーブル]画面の[作成] > [空のテーブルを作成]ボタンから、空のテーブルを新規作成できます
  • テーブル作成時に、以下を入力します
    • テーブルID(内部名)
    • テーブル名(表示名)
    • メインキー
    • 各フィールドの名前とデータ型

CSVから作成

  • [アクションテーブル]画面の[作成] > [CSVから作成]ボタンから、ローカルに保存されたCSVファイルの内容でテーブルを新規作成できます
  • CSVファイル内のフィールドから、以下を選択します
    • 各フィールドのデータ型

📘

アクションテーブルのテーブル名とフィールド名の命名規約

テーブル名とフィールド名に使用できる文字は、以下です。

  • 英小文字
  • 数字
  • _

また、先頭は英小文字にしてください。

🚧

システムから参照されるフィールド

下記のフィールドが定義されている場合、システムから利用される可能性があります。

  • __delete
    • ジョブ実行時に特定のフィールドを削除する

アクションテーブルで使用できるデータ型

データ型

CSVアップロード時のサンプル値

値の範囲

文字列(STRING)

KARTE Tシャツ

Unicode文字 (utf8で1万byte以内)

数値(INT64)

42

-9,223,372,036,854,775,808~9,223,372,036,854,775,807

浮動小数(FLOAT64)

42.123

倍精度(近似)10 進値

真偽値(BOOL)

false

true, false

日付(DATE)

2016-03-12

0001-01-01~9999-12-31

タイムスタンプ(TIMESTAMP)

2016-03-12 12:34:00

0001-01-01 00:00:00~9999-12-31 23:59:59.999999999 UTC

🚧

アクションテーブルの主キーのデータ型

アクションテーブルの主キーのデータ型については、「文字列(STRING)」しか認められていません。インポート元のデータテーブルで主キーのデータ型が異なる場合は、クエリ内で文字列にCASTしてください。

🚧

予約されたフィールド名

一部のフィールド名は、予約されており使用できません。詳しくはCloud Spannerの公式ドキュメントをご参照ください。