Xplenty(β版)

❗️

注意事項

本機能は現在β版提供のため、今後仕様が変更される場合があります。

ETLツール「Xplenty」と双方向のデータ連携が可能です。

データ連携のパターン

  • 以下の連携が可能です
    • DatahubのデータをXplentyを介して外部サービスへ転送
    • 外部のデータをXplentyを介してDatahubへ転送

注意点

  • 連携サービス側の設定やプランによっては、意図した通りに連携できない可能性があります
  • 必ず、事前に連携検証を実施してください

KARTE Datahub側で事前に必要な設定

GCSバケットの払い出しをする

自社のGCSも使用できますが、本ドキュメントではKARTE Datahubの払い出しGCSを使う場合を想定して説明をします。

DatahubとXplentyのデータのやりとりはGCSを介して実施するため、Datahub管理画面でGCSバケットの払い出しをする必要があります。
KARTEが払い出したGCSバケットを利用する」を参考に、KARTEが払い出したGCSバケット(以下「払い出しGCSバケット」と記す)に対するstorage.objectAdmin権限を保持したGoogleサービスアカウントの払い出しをしてください。

払い出しバケットへXplentyサービスアカウントのアクセス権限を付与する

  1. 「GCSバケットへの権限付与済みGoogleサービスアカウント」の権限付与ボタンを押す
  2. GCSバケットへの権限付与のポップアップが出るので、「未登録のサービスアカウント」項目を選択し、XplentyのGoogleサービスアカウント名(Xplentyのドキュメントを参照ください)を入力して実行ボタンを押す

Xplenty側で事前に必要な設定

XplentyとGCS間のデータ連携で使用するconnectionを作成する必要があります。

  1. Connections画面でGoogle Cloud Storage connectionを新規作成する
  2. Project ID に prd-karte-service-account-2 と入力し Create connection を押す

Datahub -> Xplenty へのデータ転送

払い出しGCSバケット内のデータをXplenty上で読み込む設定をする

  1. package編集画面で Sources -> File Storate を選択する
  2. Choose input connection で「 Xplentyで事前に必要な設定」で作成したKARTE用GCSのconnectionを選択する
  3. Source propertiesのSource bucketに払い出したバケット名 ( karte-data-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx ) を入力する
  4. Source pathにバケット上にある読み込みたいファイルのパスを入力する
  5. Schema で読み込み対象のファイル内容が表示されることを確認する

Xplentyへ流すデータを設定する

  1. Transformations -> Select を選択する
  2. 流したいカラムを設定し、目的にあったデータ加工をする

Xplentyへデータを転送する

  1. Destinations -> File Storate を選択する
  2. Choose target connection でXplentyで作成したバケットのconnectionを設定する
  3. Destinations properties でバケット名、転送したいファイルディレクトリを入力する
  4. Run Jobを実行し、データが転送されていることを確認する

Xplenty -> Datahub へのデータ転送

Xplenty上のデータを払い出しGCSバケットへ転送する設定をする

  1. package編集画面で Sources -> File Storate を選択する
  2. Choose input connection でXplentyで作成したバケットのconnectionを選択する
  3. Destinations properties でバケット名、転送したいファイルディレクトリを入力する
  4. Source pathにバケット上にある読み込みたいファイルのパスを入力する
  5. Schema で読み込み対象のファイル内容が表示されることを確認する

Xplentyへ流すデータを設定する

  1. Transformations -> Select を選択する
  2. 流したいカラムを設定し、目的にあったデータ加工をする

Datahub へデータを転送する

  1. Destinations -> File Storate を選択する
  2. Choose target connection で「 Xplentyで事前に必要な設定」で作成したKARTE用GCSのconnectionを設定する
  3. Destinations properties で払い出したバケット名 ( karte-data-xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx ) 、転送先のファイルディレクトリを入力する
  4. Run Jobを実行し、データが転送されていることを確認する

Updated 4 months ago

Xplenty(β版)


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.