アクションのカスタマイズを理解する

KARTEでは様々な方法でアクションをカスタマイズすることができます。

大きく

  • Widget APIを利用する
  • テンプレート(Nunjucks)を利用する
  • チャットをカスタマイズする

ことが可能です。

Widget APIを利用する

WidgetとはHTML/CSS/JavaScriptで構成されるWebブラウザとネイティブアプリ向けのKARTEのアクションのことです。
Widget APIは、そのWidget内のスコープで利用できるAPIの事で、Widgetを自由にカスタマイズすることが可能です。

テンプレート(Nunjucks)を利用する

KARTEのアクションでは、静的変数の置換やHTML出力処理のために、テンプレートエンジンを使用しています。
HTMLメールのような、JavaScriptを記述できないテンプレートでも、Nunjucksテンプレートを使うことで、ユーザー毎にコンテンツの動的出しわけをすることができます。

チャットをカスタマイズする

チャットタイプのアクションでは、chatというアクション内のJavascriptで利用できるローカルオブジェクトを用いて、チャットの表示・非表示のコントロールや、表示についてのカスタマイズが可能です。

アクションのカスタマイズを理解する


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.