ユーザー紐付けの設定をする

紐付けテーブルのデータをKARTEで計測したユーザーに紐付けるには、KARTE上のユーザーと紐付けテーブル上のレコードを1対1で対応させる必要があります。
そのために、以下の条件を満たすようにします。

  • 名寄せのキーとなる値(user_idなど)が、「タグで取得したユーザーデータ」と「紐付け設定する紐付けテーブル」の両方に存在する

紐付けテーブルの紐付け設定

紐付けテーブルの「紐付設定」から、ユーザーへのデータ紐付け設定をすることができます。

紐付け設定(ON/OFF)

  • ON
    • 紐付けテーブルのデータをユーザーに対して紐付ける
  • OFF
    • 紐付けテーブルのデータをユーザー紐付けに使わない

上書き設定(ON/OFF)

  • 同一イベント、同一プロパティに対して、タグと紐付けテーブル紐付けの両方でデータが連携された場合の挙動を指定します
  • ON
    • 紐付けテーブルから紐付けたユーザーデータを優先する
  • OFF
    • タグで取得したユーザーデータを優先する

❗️

上書き設定がONでも上書きできないケース

「タグで取得したデータ」と、「紐付けテーブルで紐付けるデータ」のデータ型が異なる場合、複数のデータ型を保持することができないため、上書きができません。
上書き設定をONにした場合でも、「タグで取得したデータ」の方が優先されます。

🚧

紐付けたデータの反映タイミングについて

紐付けのON/OFF設定完了後、該当ユーザーへのイベント発生などを待たずにユーザーの詳細画面などで確認することができるようになります。紐付け完了までには最大で数分程度かかります。

紐付けテーブル側の紐付けフィールド

  • 紐付けテーブルへの初期データ投入時に設定した「メインキーにするフィールド」が表示されます。

ユーザー側のフィールド

  • 紐付け先ユーザーを特定するためのキーを、「イベント(タグ)名」と「プロパティ名」で指定します
    • 紐付け先のユーザーには、予めuser_idなどの紐付けキーを含むイベントが発生している必要があります

ユーザー側の紐付先イベント

  • 紐付けテーブルの値が、どのイベントのユーザーデータとして紐付けられるかを指定します

❗️

紐付先イベントに使用できないイベント

KARTEで自動発生させているイベントの一部で、紐付先イベントに設定しても、セグメント設定などで選択ができないものがあります。2018年6月現在、使用できないことが確認されているイベントは以下です。

  • スコア(__fields_scores )

紐付けたデータの利用

  • ユーザー紐付けでユーザーデータに紐づけたデータは、KARTE上で主に以下に活用できます
    • セグメント条件に利用する
    • ユーザー情報変数でアクションの中に埋め込む
  • その場合は、以下のように条件設定してください
    • 期間: すべての期間
    • イベント名: 紐付先イベント名
    • フィールド名: 紐付けテーブルのカラム名
    • 算出方法: 最新の値

🚧

セグメント条件やユーザー情報変数で紐付けテーブルのデータを利用するための設定

セグメント条件やユーザー情報変数では、ユーザーデータに対して主に以下の項目を指定します。

・期間(例: すべての期間直近7日間
・イベント名
・フィールド名
・算出方法(例: 最新の値一つ前の値合計値

しかし、紐付けテーブルの値には「最新の値」しか存在しません。
そのため、紐付けテーブルで紐付けたデータは、以下の条件でのみ参照可能です。

・期間が「すべての期間
・算出方法が「最新の値