外部BigQueryのデータセットを登録する

自社で契約する Google BigQuery(以下「外部BigQuery」と記す)のデータセットをKARTE Datahub の [データセット] 画面に登録することができます。
登録された外部BigQueryのデータセットに対しては、KARTE Datahub の [クエリ] 画面および [ジョブフロー] 画面からテーブルの参照や編集が行えます。

事前準備

外部BigQueryのデータセットに対して、テーブルの参照のみを行う場合

  • [データハブ設定] 画面 > [サービスアカウント管理] タブから確認できるDatahubサービスアカウントに対して、外部GCPコンソール上で KARTE Datahub に共有したいデータセットおよびテーブルに関して BigQuery データ閲覧者 権限を付与します

外部BigQueryのデータセットに対して、テーブルの参照と編集を行う場合

設定手順

  • [データセット] 画面の [作成] ボタン > [外部のデータセットを登録] から、外部BigQueryのデータセットを登録できます
  • 外部BigQueryのデータセット登録時に、以下を入力します
    • プロジェクトID
      • 外部BigQueryのProject IDを入力します
    • データセットID
      • 外部BigQueryのDataset IDを入力します
  • 外部BigQueryのデータセットの登録には数分程度かかる場合があります

🚧

ワイルドカードテーブル(シャーディングテーブル、日付別テーブル)について

KARTE Datahubは、現在、ワイルドカードテーブルに対応していません。登録したデータセットにワイルドカードテーブルが含まれている場合、ワイルドカードテーブル内のデータが正しく表示されない等の制約が発生する場合があります。

🚧

GCSファイルを参照するフェデレーションテーブルについて

GCSファイルを参照するフェデレーションテーブルをDatahubから参照する場合は、上記の権限に加えて、当該GCSファイルに対する「Storage オブジェクト閲覧者」権限が必要になります。