WebやNativeアプリへのアクション配信の仕組み

アクションをカスタマイズする前に、KARTEでアクションを配信する仕組みについて学びましょう。
ここでは、WebサイトやNativeアプリ上で実行される、HTML/CSS/JSによって定義されたアクションについて説明します。

アクション実行までのフロー

WebサイトやNativeアプリでKARTEのアクションが実行されるまでの流れは、次の6つのステップに分かれています。

  1. SDKの呼び出しとイベント発火
    • ユーザー行動に応じて、JS SDKやNative SDKのイベント発火用メソッドが呼び出されます
  2. イベント送信
    • KARTEのイベントトラッキング用サーバーにHTTPリクエストでイベントが送信されます
  3. セグメント解析
    • そのユーザーの過去のユーザーデータと最新のイベントを元に、セグメントが解析されます
  4. 接客サービスの配信判定とアクションの生成
    • 公開中の全接客サービスについて、次の条件がチェックされます
      • 当該イベントが配信トリガーの条件に合致するか
      • 当該ユーザーが対象ユーザーの条件に合致するか
    • すべての条件に合致する場合、接客サービス内に登録されたアクションを生成します
      • A/Bテストをする場合は、この時点で配信するアクションが1つ選ばれます
      • テンプレートエンジンの記述を元に、アクション用のJavaScriptが生成されます
  5. アクションの配信
    • HTTPレスポンスとして、アクション用のJavaScriptがWebブラウザやNativeアプリに配信されます
  6. JavaScriptの実行
    • アクション用のJavaScriptが実行されます
      • Nativeアプリの場合は、Native SDKが生成したWebview上で実行されます
      • HTMLやCSSの挿入もここで行われます