— アプリ内メッセージの表示の仕組み

Specification

アプリ内メッセージの表示にはWebView(WKWebView)を利用しています。
このため管理画面上で、HTML / CSS / JavaScript をカスタマイズすることでアプリケーションのコードを変更することなく、アクションの見た目を変更することが可能となっています。

WebViewのライフサイクル

WebViewは、SDKが初期化されるタイミングで生成されメモリ上に保持されます。

アプリ内メッセージの表示が必要となった場合、以下のステップで表示処理を行います。

  1. Windowを生成
  2. ViewControllerを生成
  3. ViewControllerにWebViewを配置
  4. ViewControllerをWindowに配置
  5. Windowを表示
    アプリケーションのView階層上に配置される。

WebView上のアクションが非表示になった場合は、以下のステップで非表示処理を行います。

  1. WindowおよびViewControllerを破棄
  2. WebViewのみメモリ上に保持

Windowの表示レベル

SDKが生成する Window の WindowLevel は UIWindowLevelNormal + 10 としています。

Updated about a year ago

— アプリ内メッセージの表示の仕組み


Specification

Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.