サービスアカウントを設定する

KARTE のプッシュ通知では、バックエンドに Firebase Cloud Messaging (以下FCM) を使用しています。
そのため KARTE から FCM にリクエストを送信できるようにするために、サービスアカウントの設定を KARTE の管理画面上で行う必要があります。

設定のために必要な情報は、以下の2つで全て Firebase コンソールから取得可能です。

  • プロジェクトID
  • 秘密鍵

🚧

複数のFirebaseプロジェクトの利用に関して

KARTEの管理画面では一つのFirebaseプロジェクトの情報しか登録することができません。
複数のFirebaseプロジェクトの情報を紐付けることはできませんのであらかじめご了承ください。

必要な情報を取得する

Firebase コンソールの プロジェクトの設定 ページで必要な情報を取得できます。

プロジェクトIDを確認する

[プロジェクトの設定] > [全般] で プロジェクトID を確認できます。

18981898

秘密鍵を取得する

[プロジェクトの設定] > [サービスアカウント] > [Firebase Admin SDK] を選択し、画面下にある 新しい秘密鍵の生成 をクリックすることで 秘密鍵 を取得することができます。

18961896

📘

言語の選択について

選択した言語に応じて構成スニペットの内容が変わります。
最終的に生成される秘密鍵は同じものになるため、言語はどれを選択しても問題ありません。

📘

KARTEからのプッシュ通知に必要なFirebaseサービスアカウントの最小権限について

以下になります。設定後、テスト配信のうえの運用開始をお願い致します。

cloudmessaging.messages.create

サービスアカウントの設定を行う

プッシュ通知の送信に必要なサービスアカウントの設定は KARTE の管理画面上で行います。
KARTE の管理画面の [ストア] > [アプリ設定] > [KARTE for App] を開き、下記3つの設定します。

  • FCM API
  • FirebaseプロジェクトID
  • Firebaseサービスアカウント秘密鍵

FCM API の設定

FCM HTTP v1 API を選択します。

📘

事前に API の有効化が必要です

FCM HTTP v1 API を利用する場合、事前に Firebase Cloud Messaging API を有効化する必要があります。

有効化は Google Developer Console で行います。
https://console.developers.google.com/apis/api/fcm.googleapis.com/overview

FirebaseプロジェクトIDの設定

プロジェクトIDを確認する で確認した プロジェクトID を設定します。

Firebaseサービスアカウント秘密鍵の設定

秘密鍵を取得する で取得した 秘密鍵 をアップロードします。

16841684

それぞれの設定が完了したら、 保存 ボタンをクリックして設定は完了です。