アクションテーブルクエリを作成する

アクションテーブルクエリを作成することで、「主キーの一致以外の条件でアクションテーブルにアクションから問い合わせること」が可能になります。

手順

  • アクションテーブルの「クエリ」タブで、クエリを「新規作成」する
  • 「クエリ名」を指定する
    • 名称には英小文字 + 数字 + _(アンダースコア)のみ使用可能です
  • 「条件を設定」をする
  • 「有効化」する
    • 有効化が完了するまでに少し時間がかかります

🚧

クエリの作成数の上限

1テーブルにつき、5つのクエリが作成可能です

設定可能な条件

アクションテーブルクエリでは、以下の項目を組み合わせて条件を設定できます。

条件

説明

Limit

取得するレコード数の上限を設定します。最大100レコードまで取得できます。

Filter

レコードの抽出条件を設定します。単純な一致/不一致以外にも、数値のフィールドであれば「大小比較」、文字列のフィールドであれば「IN」や「NOT IN」などを選ぶことができます。また、右辺では変数呼び出しをすることも可能です。

Sort

取得レコードの並び順を、「昇順」「降順」から選択できます。

Projection

取得レコードに含めるカラムを、複数選択で入力できます。

🚧

FilterでDATE型を利用する場合

値はUNIXタイムスタンプ(ミリ秒)を指定してください。

Filter条件内でパラメータを利用する

Filter条件の「入力タイプ」に「変数名」を指定すると、右辺の値は配信時にアクションから渡された実際のパラメータ値で置換されます。
INNOT INを指定した場合、呼び出し側ではパラメータに配列を渡してください。

Filterの設定例

カラム名

演算子

入力タイプ

値/変数名

item_category

= / !=

categoryA

item_category

IN / NOT IN

["categoryA","categoryB"]

item_category

= / !=

変数名

category

item_category

IN / NOT IN

変数名

categories

Updated 11 months ago

アクションテーブルクエリを作成する


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.