— リッチプッシュ通知に対応する

Usage

リッチプッシュ通知に対応することで、画像や動画などを添付したプッシュ通知を受信することが可能です(本機能は iOS10 以上でのみ利用可能です)

Extensionの作成

リッチプッシュ通知を受信するために、Notification Service Extension を作成する必要があります。

ターゲットを追加する

Xcodeのメニューの File > New > Target... をクリックします。

テンプレートを選択する

iOS > Notification Service Extension を選択し、Next をクリックします。

14581458

ターゲットのオプションを設定する

以下の項目を入力した上で、Finish をクリックします。

  • Product Name
  • Organization Name
  • Organization Identifier
14601460

Activate をクリックします。

836836

🚧

deployment targetについて

追加したExtensionのdeployment targetは本体のターゲットと同一にする必要があります。
追加時の設定のままだと、最新版に近いバージョンが指定されるため、古いOSバージョンではリッチプッシュの表示のみできない等の不具合が起こる可能性があります。

SDK のセットアップ

CocoaPods を利用してセットアップする

Podfile の編集

Podfile を任意のエディタで開き、App Extensions SDK の情報を追記します。
TARGET_NAME 部分は、Extension 作成時に指定した Product Name に置き換えてください。

target 'TARGET_NAME' do
  pod 'KarteNotificationServiceExtension'
end

SDK をインストール

以下のコマンドをターミナルで実行し、SDK をインストールします。

$ pod install

Swift Package Manager を利用してセットアップする

Xcode より公式githubレポジトリ(https://github.com/plaidev/karte-ios-sdk)のパッケージを追加してください。
詳細は下記を参照してください。
Adding Package Dependencies to Your App | Apple Developer Documentation

リッチプッシュ通知の受信に必要な実装を行う

Extension 作成時にテンプレートから自動的に作成されるソースコードを修正します。
デフォルトで作成される NotificationService クラスを NotificationServiceExtension クラスを継承するようにし、デフォルトの実装も削除します。

このようにすることで、KARTE 経由で配信されたプッシュ通知を受信した際に NotificationServiceExtension が自動的に必要なリソース(画像等)をダウンロードし、通知へ反映します。

import KarteNotificationServiceExtension

class NotificationService: NotificationServiceExtension {
}
// Header
#import <UserNotifications/UserNotifications.h>
#import <KarteNotificationServiceExtension/KarteNotificationServiceExtension.h>

@interface NotificationService : KRTNotificationServiceExtension
@end

// Implementation
#import "NotificationService.h"

@interface NotificationService ()
@end

@implementation NotificationService
@end

KARTE 経由のプッシュ通知であるか判定する方法

プッシュ通知が KARTE 経由で送信されたものであるか判定する必要がある場合は、NotificationServiceExtensioncanHandleRemoteNotification メソッドを呼び出します。

import KarteNotificationServiceExtension

class NotificationService: NotificationServiceExtension {
    
  override func didReceive(_ request: UNNotificationRequest, withContentHandler contentHandler: @escaping (UNNotificationContent) -> Void) {
    // KARTE経由のプッシュ通知であるか判定
    if super.canHandleRemoteNotification(request.content.userInfo) {
      // KARTE経由のプッシュ通知 (スーパークラスに処理を移譲)
      super.didReceive(request, withContentHandler: contentHandler)
    } else {
      // KARTE以外のシステムから送信されたプッシュ通知 (任意の処理を実装)
      contentHandler(request.content)
    }
  }
}
#import "NotificationService.h"

@interface NotificationService ()
@end

@implementation NotificationService

- (void)didReceiveNotificationRequest:(UNNotificationRequest *)request withContentHandler:(void (^)(UNNotificationContent * _Nonnull))contentHandler {
  // KARTE経由のプッシュ通知であるか判定
  if ([super canHandleRemoteNotification:request.content.userInfo]) {
    // KARTE経由のプッシュ通知 (スーパークラスに処理を移譲)
    [super didReceiveNotificationRequest:request withContentHandler:contentHandler];
  } else {
    // KARTE以外のシステムから送信されたプッシュ通知 (任意の処理を実装)
    contentHandler(request.content);
  }
}

@end