Reckoner(β版)

❗️

注意事項

本機能は現在β版提供のため、今後仕様が変更される場合があります。

データ連携プラットフォーム「Reckoner」と双方向のデータ連携が可能です。

データ連携のパターン

  • 以下の連携が可能です
    • DatahubのデータをReckonerを介して外部サービスへ転送
    • 外部のデータをReckonerを介してDatahubへ転送

注意点

  • 連携サービス側の設定やプランによっては、意図した通りに連携できない可能性があります
  • 必ず、事前に連携検証を実施してください

連携手順(例)

DatahubとReckonerのデータのやりとりは、Google Cloud Storage(以下、GCS)を介して実施することを推奨しています。ここからは、Datahubが払い出したGCSバケットを利用した連携手順の例について説明します。

事前準備

KARTE Datahub側

  1. Googleサービスアカウントの払い出し
  2. GCSバケットへの権限をサービスアカウントへ付与
    • Datahub側のGCSバケットに対するread/write権限を、作成したGoogleサービスアカウントに付与します

Reckoner側

  1. Google Cloud StorageのIntegrationを作成
    • Datahub管理画面からダウンロードしたkeyfileの中身を[JSON Key]にコピーします

Datahub -> Reckonerへのデータ転送

Datahub側

  • ジョブフローの設定により、GCSバケットに対してファイルをエクスポートします

Reckoner側

  • Workflowの設定内で、[Source > Google Cloud Storage]を利用します
    • 事前準備で作成したIntegrationを利用し、Datahub側のGCSバケットに接続します

Reckoner -> Datahubへのデータ転送

Reckoner側

  • Workflowの設定内で、[Sink > Google Cloud Storage]を利用します
    • 事前準備で作成したIntegrationを利用し、Datahub側のGCSバケットに接続します

Datahub側

  • ジョブフローの設定により、GCSバケット上のファイルをデータテーブルにインポートします

Updated about a year ago

Reckoner(β版)


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.