紐付けテーブルで紐付けたフィールドを別の紐付けテーブルの「紐付け対象のフィールド」に指定できますか?

紐付けテーブルで紐付けたフィールドを別の紐付けテーブルの「紐付け対象のフィールド」に指定することはできません。

具体例

たとえば、次のような設定をした場合、紐付けテーブルBによるデータ紐付けは残念ながら有効に機能しません。

紐付けテーブルA

  • 紐付け設定
    • [主キー]
      • user_id
    • [紐付け対象のフィールド]
      • ユーザー情報 user_id
    • [データの追加先]
      • ユーザー情報
  • スキーマ
    • 下記

user_id

foo_id

...

u001

f099

...

...

...

...

紐付けテーブルB

  • 紐付け設定
    • [主キー]
      • foo_id
    • [紐付け対象のフィールド]
      • ユーザー情報 foo_id
    • [データの追加先]
      • ユーザー情報
  • スキーマ
    • 下記

foo_id

bar_number

...

f099

42

...

...

...

...

上記の設定には「u001というuser_idを持つユーザーについて、ユーザー情報のbar_numberフィールドを42で更新したい」という意図がありますが、実際にはそのような挙動になりません。

回避方法(例)

2つの紐付けテーブルを1つにまとめてください。

紐付けテーブルA'

  • 紐付け設定
    • [主キー]
      • user_id
    • [紐付け対象のフィールド]
      • ユーザー情報 user_id
    • [データの追加先]
      • ユーザー情報
  • スキーマ
    • 下記

user_id

foo_id

bar_number

...

u001

f099

42

...

...

...

...

...