テストメッセージの送信対象ユーザーを探す

テストメッセージを送信するためには、予め送信対象となるユーザーのIDが必要になります。
ここではユーザーリストからテストメッセージの送信対象ユーザーを探してユーザーIDを確認する方法について説明します。

対象ユーザーを探す

ユーザーを探す方法はいくつかありますが、基本的には特定のイベントを送信したユーザーをセグメントして探すという方法をとります。

ここでポイントとなるのが、送信頻度の少ないイベントでセグメントすることです。
多数のユーザーが送信するイベントでは、対象ユーザーが多すぎて結局探せないということになります。

1. native_find_myself イベントを送信する

KARTE SDK では特定の操作を行うことにより、native_find_myself というイベントを送信することが可能です。
このイベントはKARTEの管理画面にアクセス可能なユーザーしか送信できないため、自ずと発生頻度の少ないイベントとなります。

送信手順

サイト・アプリを閲覧している自分自身のデータを確認する を参考の上、イベントを送信してください。

📘

対象のSDKについて

KARTE SDK iOS v1.6.5 / Android v1.6.9 以上でご利用になれます。

2. ユーザーリストを活用してユーザーを絞り込む

管理画面のユーザーリストで 直近24時間native_find_myself イベントの発生を検索条件にして適用します。
絞り込まれたユーザーの一覧からテストメッセージの送信対象を探します。

33283328

3. ユーザーIDを確認する

次に送信対象のユーザーIDを確認します。
ユーザーリストの絞り込み結果から対象ユーザーを選択して、ユーザーの詳細を確認します。

ユーザーアイコン下部にユーザーIDが表示されているので、それをコピーします。

22382238