— 画面の境界を認識する条件

Specification

KARTE SDKでは画面の境界を認識することで、アプリ内メッセージの表示制御を行う機能があります。
本ドキュメントでは画面の境界を認識する条件について記載します。

画面の境界を認識する条件

画面の境界を認識する条件は2つあります。

  • 画面遷移の発生
  • Viewイベントの発火

画面遷移の発生

一般的に利用頻度が高い下記コントローラにおいて画面遷移処理が呼び出された場合に、SDKは画面の境界を認識します。

コントローラ名メソッド名・プロパティ名
UIViewControllerpresent(_:animated:completion:)
UIViewControllerdismiss(animated:completion:)
UINavigationControllersetViewControllers(_:animated:)
UINavigationControllerpushViewController(_:animated:)
UINavigationControllerpopViewController(animated:)
UINavigationControllerpopToViewController(_:animated:)
UINavigationControllerpopToRootViewController(animated:)
UITabBarControllerselectedIndex
UITabBarControllerselectedViewController

ただし modalPresentationStyle の設定が、custom overFullScreen overCurrentContext popover の場合は画面の境界として認識しない仕様です。
これは半モーダルなどの表現は画面コンテキストが継続していると定義しているためです。

Viewイベントの発火

Viewイベントの発火(viewメソッドの呼び出し)が行われた時点で画面の境界を認識します。

🚧

Viewイベントを送信しても画面境界として認識されないパターンについて

WebView内に組み込んでいる計測タグからViewイベントを送信した場合は、画面境界として認識されません。
画面境界として認識されるのは、あくまでもネイティブSDKでViewイベントを送信した場合に限ります。

Updated about a year ago

— 画面の境界を認識する条件


Specification

Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.