— SDKログを出力する

Usage

SDKの挙動を確認したい場合は、ログを出力して確認することが可能です。

ログ出力を制御する

setLogEnabled(_:) メソッドの引数にBOOL値を渡すことで、ログの出力を制御することが可能です。

true を設定した場合は、ログ出力が有効になり、false を指定した場合は無効になります。
なおデフォルトは true です。

KarteApp.setLogEnabled(true)
[KRTApp setLogEnabled:YES];

ログレベルを変更する

setLogLevel(_:) メソッドの引数にログレベルを渡すことで、ログレベルを変更することが可能です。

指定可能なログレベルは、下記の通りです。

  • error
  • warn
  • info
  • debug
  • verbose

なおデフォルトのログレベルは error です。

KarteApp.setLogLevel(.error)
[KRTApp setLogLevel:KRTLogLevelError];

Updated about a year ago

— SDKログを出力する


Usage

Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.