データテーブルのレコードを更新する

データテーブルにデータを更新する方法を説明します。
なお、主キー制約は存在せず、以下の更新パターンが可能です。

  • レコードの追加
  • 全データの置き換え

スケジュール機能を使った取り込み

スケジュール機能を利用することで、データセット内のデータをクエリ抽出した結果を使って、特定のデータテーブルを更新することができます。

  • データテーブルの更新に使うデータを抽出するためのクエリを作成します
  • スケジュールを新規作成し、クエリとデータ格納先データテーブルを選択します
    • クエリ実行対象のデータテーブルをデータ格納先に指定することも可能です
  • 更新のルールを以下から選択します
    • 追加
    • 置き換え
  • スケジュールを実行します

管理画面からのCSVアップロード

空のデータテーブルについては、テーブル詳細画面の[プレビュー]タブにある[CSVファイルからインポート]ボタンから、ローカルに保存されたCSVファイルを取り込むことができます。
CSVファイルは、以下の仕様に準拠してください

  • 拡張子: .csv
  • 文字コード: BOM無しUTF-8
  • 改行コード: LF
  • ヘッダ行: あり
  • 区切り文字: カンマ
  • 囲み文字: 無し、又はダブルクォーテーション("

データ量が少ない場合は、自動型判定がうまく動作しないことがあります。その場合は、データテーブル作成時にスキーマを指定してください。

🚧

管理画面からのCSVアップロードに関する制限

スケジュール機能と異なり、管理画面からCSVアップロードをする場合は以下の制限がかかります。特に理由がなければ、スケジュール機能を利用してください。

  • 既存テーブルの更新はできません
    • ローカルのCSVファイルから取り込んだデータを、既存のテーブルに追加することはできません
  • アップロードするファイルのサイズに制限があります
    • 上限5MB