リリースノート

Releases - 2020.09.16

Core 2.5.0

🔨CHANGED

  • サポート改善のため、SDKのログを一時保持・収集するようにしました。
  • 一部APIのGenerics指定を緩和しました。

InAppMessaging 2.6.0

🔨CHANGED

  • 接客表示時のVERBOSEなログの表示を調整しました。

Variables 2.2.0

🔨CHANGED

  • SDK内部で参照しているライブラリ名を変更しました。

Releases - 2020.08.21

InAppMessaging 2.5.1

💊FIXED

  • 接客表示中の画面遷移時やviewイベント発火時に、クラッシュする可能性がある不具合を修正しました。

Releases - 2020.07.22

InAppMessaging 2.5.0

🎉FEATURE

  • アクションを常駐させるオプションに対応しました。
    詳細はこちらをご覧ください

Notifications 2.3.0

🎉FEATURE

  • Map型(通知データ)を引数に取るメソッドを追加しました。

Karte Gradle Plugin 2.2.0

💊FIXED

  • Java9以降のモジュール機能に対応したライブラリを参照するとビルドができない不具合を修正しました。

Releases - 2020.07.08

Core 2.4.0

🎉FEATURE

  • KARTE固有のURLスキームからNative機能の呼び出しが出来るようになりました。
    詳細はNative機能呼び出しをご覧ください。

InAppMessaging 2.4.0

🔨CHANGED

  • Coreの機能追加に伴う内部処理の変更を行いました。

Notifications 2.2.0

🔨CHANGED

  • Coreの機能追加に伴う内部処理の変更を行いました。

Releases - 2020.07.06

Core 2.3.2

💊FIXED

  • SDK初期化時にネットワーク状態の切り替えが起こると、クラッシュする可能性がある不具合を修正しました。

Karte Gradle Plugin 2.1.0

💊FIXED

  • Android Gradle Plugin 4.0.0を使用しているとビルドできない問題を修正しました。

Releases - 2020.06.25

Core 2.3.1

💊FIXED

  • AndroidManifestにandroid:sharedUserIdを指定した際にライブラリがロードできなくなる問題を修正しました。

Releases - 2020.06.23

Core 2.3.0

🎉FEATURE

  • ディープリンクによるアプリ流入時に自動で送信するイベントを追加しました。

InAppMessaging 2.3.0

🎉FEATURE

  • 接客の表示制限オプションにより表示が抑制された時に表示抑制イベント(_message_suppressed)を飛ばすようにしました。
    これにより接客の表示制限オプションにより接客が抑制されたことを検知できるようになります。

💊FIXED

  • カットアウトがある端末でチャット画面の上部が見切れる不具合を修正しました。

Releases - 2020.05.29

Core 2.2.0

💊FIXED

  • SDK初期化時にネットワーク状態の切り替えが起こると、クラッシュする可能性がある不具合を修正しました。

InAppMessaging 2.2.0

💊FIXED

  • Android 7以降のSplit screenモードで表示やタップ位置のズレが生じる問題を修正しました。

Notifications 2.1.0

💊FIXED

  • DryRun設定時にAPIを呼び出すとクラッシュする不具合を修正しました。

Variables 2.1.0

🔨CHANGED

  • trackOpen / trackClick のAPIにJSONObjectを受け入れるインターフェースを追加しました。

Releases - 2020.04.24

Core 2.1.0

🔨CHANGED

  • イベント送信時のリクエストボディをgzip圧縮するよう変更しました。

InAppMessaging 2.1.0

🎉FEATURE

  • 接客表示に利用するhtmlの取得エンドポイントを変更(CDN化)しました。
    この変更により、キャッシュにヒットした場合に初回の接客表示時のパフォーマンスが向上します。
  • 接客の表示制限オプションにより表示が抑制された時に表示抑制イベント(_message_suppressed)を飛ばすようにしました。
    これにより接客の表示制限オプションにより接客が抑制されたことを検知できるようになります。

💊FIXED

  • WebViewキャッシュ有効時に前回の接客が一瞬表示される現象の対策を追加しました。
  • ビジターIDをリセットする際のCookie削除処理で karte.io ドメインの Cookie に限定して削除するようにしました。

VisualTracking 2.0.1

🔨CHANGED

  • Androidxへの実行時の依存を廃止しました。

Releases - 2020.04.07

Core 2.0.0

🎉FEATURE

  • イベントの送信失敗時に再送が行われるようになりました。
    詳細は FAQ をご覧ください。
  • 画面サイズの情報を送るようになりました。
    詳細は イベントに自動追加されるフィールド をご覧ください。
  • native_app_open 等のデフォルトイベントに任意のフィールドを付与できるようになりました。

🔨CHANGED

InAppMessaging 2.0.0

🎉FEATURE

  • Window表示時にフォーカスを当てた状態で表示するかどうか設定できるようになりました。
  • Windowの表示や接客の表示・非表示を検知できるようになりました。
    詳細は アプリ内メッセージを表示する をご覧ください。
  • アクションのリンクをクリックした時に、アクションを閉じないように設定することができるようになりました。
    詳細は アクションが非表示となる条件 をご覧ください。

🔨CHANGED

  • インターフェースを全面的に見直しました。
    詳細は SDK v1からv2のアップグレード方法 をご覧ください。
  • 画面境界を自動で認識するようになりました。
    詳細は アプリ内メッセージを表示する をご覧ください。
  • location.href による遷移時に shouldOpenURL() を呼び出すように変更しました。
  • WebViewのキャッシュ設定 enabledWebViewCache をデフォルトで true に変更しました。

Notifications 2.0.0

🔨CHANGED

Variables 2.0.0

🔨CHANGED

VisualTracking 2.0.0

🎉FEATURE

  • 同一の階層にある同じ種類のコンポーネントを識別できるようになりました。
  • ペアリング中は端末がスリープ状態にならないようにしました。

Karte Gradle Plugin 2.0.0

🔨CHANGED

  • namespace等を変更し、VisualTrackingモジュールの2.0.0に対応しました。
テンプレ

Core 2.0.0

🎉FEATURE

  • xxx

💊FIXED

  • xxx

🔨CHANGED

  • xxx

Updated 4 days ago

リリースノート


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.