— 特別な扱いを受けるフィールド

Specification

フィールド名によっては、KARTE管理画面上で特別な扱いを受けるものや、接客サービスで特別な扱いを受けるものがあります。

管理画面上で特別な扱いを受けるフィールド

日付型フィールド

任意のイベントのフィールド名の末尾を date (例:xxx_date)とすることで、日付型のフィールドとして扱うことが可能になります。

日付型のフィールドとすることにより、日時(絶対・相対時間指定)を利用したセグメントの設定が容易になります。

なおフィールドの値には、java.util.Date 型の値を指定してください。

位置情報型フィールド

任意のイベントのフィールド名の末尾を latlng(例:latlng / xxx_latlng)とすることで、位置情報型のフィールドとして扱うことが可能になります。

位置情報型のフィールドとすることにより、位置情報を利用したセグメントやトリガーの設定が容易になります。

なおフィールドの値には、経度・緯度を含む配列を指定してください。

️ 位置情報型フィールドの指定方法について

配列の0番目には、経度(longitude) を、1番目には 緯度(latitude) を、それぞれ数値で指定する必要があります。
各要素を逆に指定した場合は、セグメントやトリガーが正常に機能しませんのでご注意ください。

Tracker.track("current_location", mapOf(
  "latlng" to listOf(139.7649361, 35.6812362)
))
Map<String, Object> values = new HashMap<>();
values.put("latlng", Arrays.asList(139.7649361, 35.6812362));
Tracker.track("current_location", values);

特定の接客サービスで必要となるフィールド

閲覧人数表示テンプレート

閲覧人数表示テンプレートを利用した接客サービスで、閲覧人数を表示するためには View イベントに view_id フィールドを追加する必要があります。

📘

フィールドに指定する値について

view_id の値には、画面(コンテンツ)を一意に識別するための文字列を指定してください。
例えば、ECサイトの商品詳細画面の場合は、view_id に商品IDなどを設定することが一般的です。

Tracker.view("item_detail", "商品詳細", mapOf(
  "view_id" to "P1234567890"
))
Map<String, Object> values = new HashMap<>();
values.put("view_id", "P1234567890");
Tracker.view("item_detail", "商品詳細", values);

Updated about a year ago

— 特別な扱いを受けるフィールド


Specification

Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.