データテーブルにインポートするファイルを作成する

KARTE管理画面や外部ストレージサービス(S3、GCSなど)からファイルをインポートすることで、データテーブルを新規作成したり、データを追加/更新したりすることができます。

ファイルのフォーマット

Datahubにインポートするファイルは、以下のフォーマットに準拠した形で作成してください。

ファイル名

  • ファイル名として利用できる文字であれば、英数字記号の他に、日本語も利用可能です

エンコーディング

  • BOM無しUTF-8

改行コード

  • 以下に対応しています
    • LF
    • CRLF

区切り文字

  • 以下に対応しています
    • カンマ(,)
    • タブ文字
    • パイプ(|)

囲み文字

  • ダブルクォート(")を囲み文字として利用できます
    • 例: "0001"
  • ダブルクォート(")自体を出力する場合は、ダブルクォート2つでエスケープしてください
    • 例1
      • エスケープ前: "I said "yes"."
      • エスケープ後: "I said ""yes""."
    • 例2
      • エスケープ前: "{"name": "foo", "age": 42}"
      • エスケープ後: "{""name"": ""foo"", ""age"": 42}"

ヘッダ行

  • ヘッダ行で、各カラム名を区切り文字で区切って指定してください
    • 各カラム名には、半角英数字とアンダースコア(_)のみ利用可能です
    • 上記以外の文字を利用すると(-や、:など)その文字がアンダースコア(_)に変換されます。
  • ヘッダ行が無い場合、自動でカラム名が設定されます

ファイルの内容

文字列、数値などのデータ

  • 値をそのまま出力してください

日時を表すデータ

  • インポート後のBiqQueryデータ型に対応する正規形式で出力してください

日時を表すデータの正規形式の例

データ型 出力例
DATE型 2018-01-01
DATETIME型 2018-01-01 12:34:00
TIME型 12:34:00
TIMESTAMP型 2018-01-01 12:34:00

CSVファイルのサンプル

例えば、以下のようなデータ型のデータテーブルを作成する場合のCSVサンプルを示します。

  • user_id: STRING
  • birth_date: DATE
  • cv_count: INT64
  • register_flag: BOOL
user_id,birth_date,cv_count,register_flag
a0001,1990-06-28,42,TRUE
a0002,1991-02-23,0,FALSE

データテーブルにインポートするファイルを作成する


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.