イベントを送信する

アプリケーションにおけるユーザーの行動情報(以降イベント)をKARTEに送信することが可能です。

KARTEに送信したイベントは、解析され統計値として保持されます。
解析済みの統計値は、セグメントやアクション(アプリ内メッセージの表示やプッシュ通知など)のトリガーとして利用することができます。

導入手順

KarteCoreモジュールの導入が必要です。
導入手順の詳細については SDKを導入する をご覧ください。

実装手順

イベントを送信するためには、下記の手順でアプリケーションにコードを追加します。

1. SDKのインポート宣言を追加

イベント送信処理を実装するファイルの先頭にインポート宣言を追加します。

import KarteCore
@import KarteCore;

2. イベント送信するためのコードを追加

KARTEでは用途に応じて、view identify track の3つのメソッドを提供しています。
ここでは、それぞれの利用例について記載します。

例1)「会員登録」画面を閲覧したことを表現するイベントを送信する例

Tracker.view("signup", "会員登録")
[KRTTracker view:@"signup" title:@"会員登録"];

例2) 利用者の名前を送信する例

Tracker.identify(
    "ユーザーID",
    ["name": "KARTE太郎"]
)
[KRTTracker identify:@"ユーザーID" :@{
    @"name": @"KARTE太郎"
}];

例3)「商品をお気に入りに追加」したことを表現するイベントを送信する例

Tracker.track("favorite", values: [
  "id": "P00003",
  "name": "ミネラルウォーター(500ml)",
  "price": 100
])
[KRTTracker track:@"favorite" values:@{
  @"id": @"P00003",
  @"name": @"ミネラルウォーター(500ml)",
  @"price": @(100)
}];

📘

イベントの送信に関して

イベント送信メソッドの使い方や仕様については、イベントの送信方法について理解する をご覧ください。

動作確認

イベントが正しく送信されたかどうかは、管理画面のイベント画面で確認することが可能です。
イベント画面の使い方については、イベント画面概要 をご覧ください。

トラブルシューティング

イベントの計測ができない場合は、イベント計測までのトラブルシューティングを参考にしてください。

Updated about a month ago


What's Next

イベントについて理解を深めるために、以下のドキュメントも併せてご覧ください。

イベントの送信方法について理解する
SDKが標準で送るイベント
イベントに自動追加されるフィールド
特別な扱いを受けるフィールド

イベントを送信する


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.