ジョブフローを設定する

ジョブフローを設定することで、データ連携が可能になります。
ジョブフローは、一度だけ実行することも、日次/週次/月次などで定期実行することも可能です。

ジョブフロー

  • 実行単位となる、一連のジョブの連なりです
  • 1つのジョブフローには、最大で5つのジョブまで追加することができます

ジョブフロー全体の設定

  • ジョブ設定
    • ジョブフローにジョブを追加します
  • 実行方法
    • スケジュール実行するかどうか
    • (スケジュール実行の場合)
      • 繰り返し実行するかどうか
      • 実行開始日時
      • (繰り返し実行の場合)
        • 実行間隔(任意)
          • 「毎時/日次/週次/月次」から選択します
          • 曜日や時間帯で実行タイミングを絞り込むことも可能です
        • 繰り返し終了日時(任意)
    • 特定のデータテーブルが更新されたら実行する
    • (特定のデータテーブル更新時実行の場合)
      • どのデータテーブルが更新されたら実行するか
  • 実行後の処理
    • ジョブ実行終了後にアーカイブするかを選択します
  • ジョブフロー名

🚧

ジョブフローの実行制御

ジョブフローを繰り返し実行設定していたとき、あるジョブフロー実行の開始時点で前回のジョブフロー実行が終了していない場合は、そのジョブフロー実行はスキップされます。

📘

「特定のデータテーブルが更新されたら実行する」機能で利用できるデータテーブル

  • 外部データセット内のテーブル
    • Datahubに登録をすれば指定できます
  • フェデレーションテーブル
    • 対象外です
    • フェデレーションテーブルに登録している元データソースの更新を検知してジョブフローを実行することはできません
  • ワイルドカードテーブル(シャーディングテーブル、日付別テーブル)
    • 対象外です
    • ワイルドカードテーブルを指定して、該当するいずれかのテーブルの更新を検知してジョブフローを実行することはできません

ジョブ

  • ジョブフロー内の個々のジョブです

ジョブでできること

外部サービスとのデータ連携

  • インポート
    • 「外部サービス」からデータを取り込み、データセット内に追加します
  • エクスポート
    • データセット内にあるデータをクエリ抽出し、「外部サービス」にエクスポートします

KARTE内データ連携

  • インポート
    • データセット内にあるデータをクエリ抽出し、データセット内のテーブルを更新します
    • 紐付けテーブル内のデータを抽出し、データセット内のテーブルを更新します
  • エクスポート
    • データセット内にあるデータをクエリ抽出し、「紐付けテーブル」にエクスポートします
    • データセット内にあるデータをクエリ抽出し、「アクションテーブル」にエクスポートします

各ジョブの主な設定

  • ジョブ名
  • ジョブタイプ
    • 以下から選択します
      • データテーブルへインポート
      • データテーブルからエクスポート

インポート

  • インポート元
    • 以下から選択します
      • クエリの実行結果
      • 紐付けテーブル
      • 外部サービス
  • インポート先
    • インポート先のデータテーブルを選択します
      • テーブルの新規作成は、データセット画面から実施してください
    • ルール
      • 以下から選択します
        • 置き換え
          • テーブル全体をリプレースします
        • 追加
          • テーブルにレコードを追加します

エクスポート

  • エクスポート元
    • エクスポート対象データを抽出するためのクエリを選択します
  • エクスポート先
    • 以下から選択します
      • アクションテーブル
      • 紐付けテーブル
      • 外部サービス

外部サービスとの接続先設定

  • 各サービス毎に必要な設定については、「接続先の設定をする」の各ドキュメントをご確認ください