アクションテーブルとユーザー情報変数とDatahubクエリフィールドの使い分けは?

KARTEのアクションから動的にデータを参照するには、主に次の方法があります。

これらの主な違いは、次の表の通りです。

\

アクションテーブル

ユーザー情報変数

Datahubクエリフィールド

参照できるデータ

・アクションテーブル内のデータ

・ユーザーデータ
・紐付けテーブル内のデータ

・配信で利用するDatahubクエリの結果

利用可能な接客サービス

ほぼ全ての接客

ほぼ全ての接客

Datahubクエリを使ったメール等のターゲット配信接客のみ

利用例

・今見ている商品に関連する商品情報を取得しレコメンド

・ユーザーの名前をポップアップに表示

・リスト配信メールの内容をパーソナライズ

アクションからの参照方法

JSを使ったAPI経由の参照
・静的変数(アクションテーブル変数

・ユーザー情報変数

・静的変数(Datahubクエリフィールド)