イベントを送信する

アプリケーションにおけるユーザーの行動情報(以降イベント)をKARTEに送信することが可能です。

KARTEに送信したイベントは、解析され統計値として保持されます。
解析済みの統計値は、セグメントやアクション(アプリ内メッセージの表示やプッシュ通知など)のトリガーとして利用することができます。

イベントの送信方法

イベントを送信するためには、下記の手順でアプリケーションにコードを追加します。

  1. SDKのインポート宣言を追加
    イベント送信処理を実装するファイルの先頭にインポート宣言を追加します。
import { Tracker } from '@react-native-karte/core';
  1. イベント送信するためのコードを追加
    例として「商品をお気に入りに追加」したことを表現するイベントを送信します。
Tracker.track("favorite", {
  "id": "P00003",
  "name": "ミネラルウォーター(500ml)",
  "price": 100,
});

イベントの種類

KARTE では目的に応じて view identify track の3つのイベント送信メソッドを提供しています。

画面の表示イベントを送信する

ある画面の表示(閲覧)したことをイベントとして送信する場合は、view メソッドを利用します。

第1引数には、画面を一意に識別するための識別子を指定します。
第2引数には、画面名(タイトル)を指定します。

このメソッドを利用して送信するイベントは view イベントと呼ばれます。

Tracker.view("signup", "会員登録");

なお画面の表示イベントの送信は、track メソッドを利用しても行うことが可能です。
下記コードは、上記コードと同等の意味合いとなります。

Tracker.track("view", {
  "view_name": "signup",
  "title": "会員登録",
});

ユーザーの情報を送信する

ユーザーに紐付く情報(ユーザーIDや名前、年齢等)を送信する場合は、identify メソッドを利用します。

第1引数には、ユーザーに紐付ける情報を指定します。

このメソッドを利用して送信するイベントは identify イベントと呼ばれます。

ユーザーデータ管理プラグインがインストールされたKARTEプロジェクトでは、identify イベント 送信の際、user_id の値は必須となります。user_id の送信なしに、属性情報の送信を行う場合は attributeイベント をご利用下さい。

Tracker.identify({
  "user_id": "ユーザID(文字列)",  
  "name": "カルテ太郎",
});

なお identify イベントの送信は、track メソッドを利用しても行うことが可能です。
下記コードは、上記コードと同等の意味合いとなります。

Tracker.track("identify", {
  "user_id": "ユーザID(文字列)",    
  "name": "カルテ太郎",
});

任意の行動イベントを送信する

画面の表示やユーザー情報以外の行動情報について送信する場合は、track メソッドを利用します。

第1引数には、行動を表すイベント名を指定します。
第2引数には、行動に紐付く情報を任意で指定します。

このメソッドを利用して送信するイベントはカスタムイベントと呼ばれます。

Tracker.track("favorite", {
  "id": "P00003",
  "name": "ミネラルウォーター(500ml)",
  "price": 100,
});

👍

イベント名の制限と予約済みのイベント名

イベント名には制限があります。
詳細については、 イベント名の制限 をご覧ください。

また一部のイベント名は予約されており、KARTE上で特別な扱いを受けます。
詳細については、定義済みイベント をご覧ください。

イベントに付与可能な値の型

各イベントの送信メソッドには、任意でオブジェクトを渡すことが可能です。
これによりイベントに様々なフィールドを紐付けて送信することが可能になります。

Keyとして利用可能な型

string 型の値のみ利用可能です。

👍

フィールド名の制限

フィールド名には制限があります。
詳細については、フィールド名の制限 をご覧ください。

Valueとして利用可能な型

下記表に記載の型のみ利用可能です。
なお日付型は内部的に浮動小数点型に変換された上で送信されます。

種別
文字列string
数値number
真偽値boolean
オブジェクト(辞書)object
配列Array<any>