KARTE Datahub とは

これまでの KARTE では、Webサイトやネイティブアプリからリアルタイムに送られてくるデータや、 KARTE で配信したアクションの結果など、「イベント」と呼ばれる形式でユーザーデータを連携していました。

KARTE Datahub を使うことで、外部のデータを KARTE にバッチ連携することができます。連携したデータについては、KARTE の中でユーザーのセグメントに活用したり、WidgetやKARTE Talkのアクションから参照したりすることができます。

さらに、従来KARTEで蓄積していたイベントデータに対しても、SQLで自由にデータ抽出ができるようになります。抽出したデータは、外部サービスに対してエクスポートしたり、KARTEの中で活用したりすることができます。

テーブルの作成

  • KARTE 内の「データセット」と呼ばれる領域に、テーブルを作成、閲覧できます
  • 外部データや手元の CSV ファイルのデータをテーブルに格納することができます
  • KARTE のイベントデータは、プリセットのテーブルに自動で蓄積されます

クエリの実行、保存

  • データセット内のテーブルに対して、任意のクエリを SQL で記述、実行できます
  • クエリを保存したり、実行ログを閲覧したりできます

ジョブのスケジュール実行

  • 「スケジュール機能」で、外部のストレージや DMP との間で、データをインポート、エクスポートできます

KARTE 内での活用

ユーザーへのデータ紐付け

  • ユーザーデータとしてデータを紐づけ、セグメントの条件などに利用できます
    • 「紐付けテーブル」にデータを入れる必要があります

アクションからのデータ参照

  • アクション内から、ユーザーに紐付かないマスタデータなどの情報を参照することができます
    • 「アクションテーブル」にデータを入れる必要があります

KARTE Talkと連携したリスト配信

  • クエリの実行結果を配信リストとして、メールやSMSなどのKARTE Talk配信を実行できます

イベントデータの分析

  • KARTEが蓄積しているリアルタイムイベントデータに対して任意のクエリを実行し、データ分析することができます

KARTE Datahub とは


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.