Adobe Analytics

Adobe Analyticsに対してKARTEの解析データをタグ連携できます。

データ連携のパターン

  • 以下の連携が可能です
    • サイト上からKARTEのタグでデータをインポートする
    • サイト上から外部サービスのタグでデータをエクスポートする

注意点

  • 連携サービス側の設定やプランによっては、意図した通りに連携できない可能性があります
    • 必ず、事前に連携検証を実施してください

KARTEのタグによるデータ取得

KARTEのtrackerを利用することで、Adobe AnalyticsのVisitor IDをKARTEに連携することができます。

❗️

Adobe AnalyticsのVisitor Idの取得には、id-serviceが利用可能な状態である必要があります

id-serviceの詳細については、以下をご覧ください。
https://github.com/Adobe-Marketing-Cloud/id-service

AdobeのVisitor IDをKARTEへ連携する

サンプルコード

if (!window.visitor || !window.visitor.getAnalyticsVisitorID) return;
var analytics_visitor_id = visitor.getAnalyticsVisitorID();
tracker.track('_adobe_ids', {
    analytics_visitor_id: analytics_visitor_id
});

外部サービス側のタグによるデータ送信

KARTEのスクリプト配信機能で配信したJavaScriptからAdobe Analyticsのs.t()s.tl()を呼び出すことで、Adobe Analyticsに対してKARTEの解析データを送信できます。

  • KARTEの接客サービス作成画面から、スクリプト配信接客サービスを作成する
  • 「ユーザー情報変数」機能などを利用し、スクリプトに配信先ユーザーのユーザーデータを埋め込む
  • 埋め込んだユーザーデータをAdobe Analyticsに送信する

Adobe Analyticsへの連携方法

以下のいずれかから選択してください。

  1. KARTEからの情報を一度cookieなどに保存し、次のPV、ページコード上で値を取得、s.t()で送信する
    • AAへのリクエスト数は従来どおりです
    • AAのページコードに対する追加実装が必要です
  2. KARTEのイベント発生時やscriptサービス実行時にs.tl()を実行する
    • AAへのリクエスト数が増加します
    • 多くの場合KARTEの接客サービス内で実装が完結します

s.t()を同期的に実行している場合、KARTEのスクリプト配信はs.t()よりも後に実行されます。

KARTEのユーザーデータを連携する

KARTEがタグなどで取得しているユーザーデータを連携します。

ユーザー情報変数の設定例

ユーザー情報変数を利用して、スクリプト配信アクション内にユーザーデータを埋め込みます。

  • 変数名:gender
    • 設定:すべての期間 ユーザータグ(identify) 性別(gender)最新の値
  • 変数名:name
    • 設定:すべての期間 ユーザータグ(identify) 名前(name)最新の値

サンプルコード

  • 性別と名前をeVar変数へ連携する場合のサンプルコード
s.eVar1 = '#{gender}';
s.eVar2 = '#{name}';

s.tl()

KARTEのセグメント情報を連携する

静的変数segmentsを利用し、あるイベント(購入、カート追加など)時点でのKARTE上でのセグメントを連携します。

サンプルコード

  • セグメントのリストをlist1変数を利用して連携するサンプルコード
    • #{segments}は、「イベント解析時のユーザーのセグメントIDリスト(カンマ区切り)」で置換されます
var segments = '#{segments}';
s.list1 = segments;
s.tl();

KARTEのアンケートデータを連携する

サンプルコード

  • アンケート回答結果をAAのイベント・トラフィックとして連携する例
var answers = [ /* アンケート回答データ*/];
s.events = 'answer_question';
answers.forEach(function(answer, index){
  s['prop'+index] = answer;
});
s.tl();

KARTEのアクションの結果を連携する

KARTEで配信したアクションの結果を、AAへ送信することが可能です。
接客サービスID(campaign_id)と接客アクションID(shorten_id)をprop変数として送信することで、接客アクションを特定できます。

  • 以下の例では、下記データを送信します。
    • 接客が表示された
    • 接客をクリックした
    • 接客を閉じた

配信トリガーの設定例

  • ユーザーが接客サービスを閉じた場合の設定例
    • 接客サービスを閉じる message.shorten_id存在する

ユーザー情報変数の設定例

ユーザー情報変数を利用して、スクリプト配信アクション内にユーザーデータを埋め込みます。

  • 変数名:shorten_id_open
    • 設定:今日 接客サービスを表示 接客アクション名最新の値
  • 変数名:campaign_id_open
    • 設定:今日 接客サービスを表示 接客サービス名最新の値
  • 変数名:shorten_id_click
    • 設定:今日 接客サービスをクリック 接客アクション名最新の値
  • 変数名:cmapaign_id_click
    • 設定:今日 接客サービスをクリック 接客サービス名最新の値
  • 変数名:shorten_id_close
    • 設定:今日 接客サービスを閉じる 接客アクション名最新の値
  • 変数名:campaign_id_close
    • 設定:今日 接客サービスを閉じる 接客サービス名最新の値

サンプルコード

  • 以下を連携する例
    • 表示された接客サービスとアクションのID
    • クリックした接客サービスとアクションのID
    • 閉じた接客サービスとアクションのID
s.prop1 = #{shorten_id_open}; // 表示された接客サービスのshorten_idを保存
s.prop2 = #{campaign_id_open}; // 表示された接客サービスのcampaign_idを保存

s.prop3 = #{shorten_id_click}; // クリックされた接客サービスサービスのshorten_idを保存
s.prop4 = #{campaign_id_click}; // クリックされた接客サービスのcampaign_idを保存

s.prop5 = #{shorten_id_close}; // 閉じた接客サービスのshorten_idを保存
s.prop6 = #{campaign_id_close}; // 閉じた接客サービスのcampaign_idを保存

s.tl();

購入イベント発生時に、直近に受けた接客サービスIDをAAに連携する

購入イベントと直近に受けた接客サービスIDを紐付けてデータ連携することで、どの接客サービスが売上に寄与したかを分析できます。
この例では、エンドユーザーが直近に受けた接客サービスIDを30件送信します。

配信トリガーの設定例

  • ユーザーが購入したときに配信する場合
    • 配信トリガー:コンバージョンタグ 送信日時存在する

ユーザー情報変数の設定例

ユーザー情報変数を利用して、スクリプト配信アクション内にユーザーデータを埋め込みます。

  • 変数名:shorten_ids_open
    • 設定:今日 接客サービスを表示 接客アクション名直近30件
  • 変数名:shorten_ids_click
    • 設定:今日 接客サービスをクリック 接客アクション名直近30件
  • 変数名:shorten_ids_close
    • 設定:今日 接客サービスを閉じる 接客アクション名直近30件

サンプルコード

s.list1 = #{shorten_ids_open}; // 表示された接客サービスの直近30件をlist変数に保存

s.list2 = #{shorten_ids_click}; // クリックした接客サービスの直近30件をlist変数に保存

s.list3 = #{shorten_ids_close}; // 閉じた接客サービスの直近30件をlist変数に保存

s.tl();

Updated about a year ago

Adobe Analytics


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.