Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートと双方向のデータ連携が可能です。

データ連携のパターン

  • 以下の連携が可能です
    • Datahubから直接インポートする
    • Datahubから直接エクスポートする

🚧

Googleスプレッドシートのインポートは非推奨です

フェデレーションテーブルを作成してください
https://developers.karte.io/docs/datahub-federation-table

注意点

  • 連携サービス側の設定やプランによっては、意図した通りに連携できない可能性があります
    • 必ず、事前に連携検証を実施してください

事前に必要な設定

KARTE側のサービスアカウントに、スプレッドシートへの権限を付与する

  • インポートやエクスポートを行う対象のスプレッドシートに対して、KARTE側のDatahubサービスアカウント ( dp-<project_id>@prd-karte-service-account.iam.gserviceaccount.com ) がデータの閲覧や更新ができるように許可するための権限付与を行う必要があります。

📘

KARTE側のDatahbサービスアカウントの確認方法

[Datahub設定] 画面 > [Googleサービスアカウント] タブ > [Datahubサービスアカウント] > [メールアドレス]

必要な権限

  • インポート
    • KARTE側のDatahubサービスアカウント ( dp-<project_id>@prd-karte-service-account.iam.gserviceaccount.com ) に対し、 閲覧者 と同等以上の権限で共有設定をしてください。
  • エクスポート
    • KARTE側のDatahubサービスアカウント ( dp-<project_id>@prd-karte-service-account.iam.gserviceaccount.com ) に対し、 編集者 と同等以上の権限で共有設定をしてください。

Datahubジョブ設定

インポート/エクスポート

  • スプレッドシートID
    • スプレッドシートURLの以下の部分を入力してください
      • https://docs.google.com/spreadsheets/d/ {{spreadsheetId}} /edit#gid=0
    • 例: 1qpyC0XzvTcKT6EISywvqESX3A0MwQoFDE8p-Bll4hps
  • ワークシート名
    • スプレッドシート内のワークシート名を入力してください
      • 例: シート1

🚧

制限事項

Googleスプレッドシートとの連携には以下の制限がございます。予めご了承ください。

  • 一度にエクスポートできるデータ量は10MBまで
  • エクスポート時は、appendのみでreplaceは不可

Updated about a month ago

Googleスプレッドシート


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.