SDKを導入する

前提条件

SDKを導入するためには、以下が必要となります。

  • Xcode 12.0 以上
  • CocoaPods 1.10.1 以上

またプロジェクトは、以下の条件を満たす必要があります。

  • プロジェクトのビルドターゲットが iOS 10 以上

🚧

ビルドターゲットに iOS 9 を指定する際の注意点

現時点でiOS 9でのビルド及び計測は可能ですが、動作保証の対象外となります。
また、今後 iOS 9 に対して計画的な接客の配信停止・イベントの計測停止及びビルド対象からの除外が実施されます。

1. SDKをアプリに追加する

SDK導入には、CocoaPods(推奨) または Carthage を利用することが可能です。

導入手順

🚧

SDK v1 からのアップグレード

SDK v1 からのアップグレードの場合は、まず SDK v1からv2のアップグレード方法 をご覧ください。

1. SDKをアプリに追加する

SDK導入には、下記のパッケージマネージャーを利用することが可能です。

  • CocoaPods(推奨)
  • Carthage
  • Swift Package Manager

CocoaPods

  1. Podfile の編集
    プロジェクトディレクトリにある Podfile を任意のエディタで開き、利用する Pod を指定します。
pod 'KarteCore' # イベントトラッキング機能を提供します。
pod 'KarteInAppMessaging' # アプリ内メッセージ機能を提供します。
pod 'KarteRemoteNotification' # プッシュ通知の受信および効果測定機能を提供します。
pod 'KarteVariables' # 設定値配信機能を提供します。
pod 'KarteVisualTracking' # ビジュアルトラッキング機能を提供します。
pod 'KarteCrashReporting' # クラッシュイベントのトラッキング機能を提供します。
  1. Pod のインストール
    プロジェクトディレクトリで下記コマンドを実行し、Pod をインストールします。
pod install

KARTE SDKでは機能毎にモジュールを提供しております。
利用する機能に応じて、部分的にモジュールを導入することが可能です。

なお KarteCore 導入は必須です。

Module namePodsmodule_infoDescription
KarteCorepod 'KarteCore'coreイベントトラッキング機能を提供します。
KarteCrashReportingpod 'KarteCrashReporting'crash_reportingクラッシュイベントのトラッキング機能を提供します。
KarteInAppMessagingpod 'KarteInAppMessaging'in_app_messagingアプリ内メッセージ機能を提供します。
KarteRemoteNotificationpod 'KarteRemoteNotification'remote_notificationプッシュ通知の受信および効果測定機能を提供します。
KarteVariablespod 'KarteVariables'variables設定値配信機能を提供します。
KarteVisualTrackingpod 'KarteVisualTracking'visual_trackingビジュアルトラッキング機能を提供します。
KarteUtilities-utilitiesKarteCore モジュール等が利用するUtility機能を提供します。通常直接参照する必要はありません。

Carthage

詳細については、Carthageを利用してSDKを導入する をご覧ください。

Swift Package Manager

Xcode より公式githubレポジトリ(https://github.com/plaidev/karte-ios-sdk)のパッケージを追加してください。

詳細は下記を参照してください。

2. 設定ファイルをプロジェクトに追加する

SDKの初期化に必要な値(アプリケーションキーなど)が定義された設定ファイルをプロジェクトに追加します。

  1. 管理画面から設定ファイルをダウンロードする
    設定ファイルのダウンロード方法についてはサポートサイトをご覧ください。

  2. 設定ファイルをプロジェクト直下に配置する
    設定ファイルを Xcodeプロジェクトのルートに追加して必要なターゲット全てに含まれるようにチェックを行います。

3. SDKの初期化コードを追加する

次にアプリケーションにSDKの初期化コードを追加します。

  1. SDKのインポート宣言を追加
    UIApplicationDelegate を実装したクラスがあるファイルの先頭にインポート宣言を追加します。
import KarteCore
@import KarteCore;
  1. SDKの初期化コードを追加
    application(_:didFinishLaunchingWithOptions:) メソッド内に初期化コードを追加します。

🚧

設定ファイルによるSDKの初期化について

※設定ファイルによるSDK初期化は iOS SDK v2.12.0 以上から利用できます。
古いSDKを利用している場合は KarteApp.setup(appkey:)メソッドを利用して初期化してください。

func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
  KarteApp.setup()
}
- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
  [KRTApp setupWithConfiguration:KRTConfiguration.default_];
  ...
}
  1. 本番環境と評価環境などで利用する設定ファイルを変更したい場合
    環境毎に利用する設定ファイルを変更したい場合は plist ファイルの名前を環境毎に変更します。
    その後、Configuration.from で取得したインスタンスを KarteApp.setup(configuration) メソッドに設定してください。
func application(_ application: UIApplication, didFinishLaunchingWithOptions launchOptions: [UIApplication.LaunchOptionsKey: Any]?) -> Bool {
        // 本番環境の設定ファイルを読み込む例
        if let plistPath = Bundle.main.path(forResource: "Karte-Production-Info", ofType: "plist"),
           let configuration = Configuration.from(plistPath: plistPath) {
            KarteApp.setup(configuration: configuration)
        }
}

🚧

アプリケーションキーについて

初期化時に指定するアプリケーションキーは、KARTE管理画面に記載されているAPIキーとは異なります。
アプリケーションキーは管理画面からダウンロードできる設定ファイルに含まれていますので、そちらをご確認ください。

4. カスタムURLスキームハンドラを追加する

設定方法については カスタムURLスキームを設定する をご覧ください。

トラブルシューティング

🚧

Objective-C から SDK を利用する

Objective-C から SDK を利用した場合、ビルド時にエラーが発生する場合があります。
エラーが発生した場合は、こちら の記事を参考にしてください。

SDK導入時にその他のビルドエラーが発生した場合は、FAQ: SDKを導入するとビルドエラーが起きる を参考にしてください。

Updated about 20 hours ago


What's Next

SDKの導入が完了したら、次はイベントトラッキングの実装を行いましょう。

イベントを送信する

SDKを導入する


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.