Salesforce Marketing Cloud(API連携)

KARTE上で計測したイベントをトリガーに、Salesforce Marketing CloudのJourney Builderで、エントリーソースのAPIイベントとして連携が可能です。

以下ではAPI連携の仕様・設定に関して説明します。
バッチ連携に関しましてはKARTE Datahubで利用可能です。こちらを参照してください。

設定の手順

  1. Salesforce Marketing CloudでKARTE連携用パッケージの作成
  2. KARTEアプリ設定
  3. Salesforce Marketing CloudのJourney Builderでジャーニーを作成
  4. KARTE接客サービス作成

1.Salesforce Marketing CloudでKARTE連携用のパッケージを作成

Salesforce Marketing Cloudへログインし、管理 > アカウント > インストール済みパッケージ より、新規にパッケージを作成してください。
コンポーネント作成時の「クライアントID」「クライアントシークレット」「REST ベースURI」「認証 ベースURI」を控えておいてください。
その他の設定はMarketing Cloudの仕様に準じます。

2.KARTEプラグイン設定

「Salesforce Marketing Cloud API」プラグインがインストールされている状態で、プラグイン設定画面にて設定を行います。
下記を入力してください。

  • クライアントID
  • ライアントシークレット
  • 認証 ベースURI
  • REST ベースURI
  • 「Enhanced Packageを利用する」に必ずチェックを入れる

※認証ベースURI、REST ベースURI、Enhanced Package利用に関しては、2019年8月以降に新しくSMC API連携を設定するお客様向けの設定となります。これ以前に設定されたお客様はこちらの設定をしなくても動作している場合があります。

3.Salesforce Marketing CloudのJourney Builderでジャーニーを作成

Salesforce Marketing Cloudで任意のジャーニーを作成し、エントリーソースは「APIイベント」を選択します。

エントリーソースの定義で指定するデータエクステンションは、KARTEから連携するイベントの保存先となります。プロパティ作成時にはプロパティ名(KARTEで設定する変数名※後述)を一致させるようご注意ください。

エントリーソースの定義時に発行される「イベント定義キー」を控えておいてください。4の接客サービス作成時に利用します。

その他の設定はMarketing Cloudの仕様に準じます。(データエクステンションの作成及び属性グループの作成などを正しく行ってください。)

4. KARTE接客サービスを作成

KARTEの接客サービスを新規に作成します。
接客サービスのタイプは「データ連携」から、利用したい機能に応じてテンプレートを選択して下さい。
(接客サービスのタイプ)

(テンプレート)

アクション編集画面にて、以下の変数を設定します。

Journey発火テンプレート

[静的変数]

  • [必須]uri: API連携先のURIです。デフォルト値から変更する必要はありません。
  • [必須]EventDefinitionKey: 3.で発行したイベント定義キーを設定します。
  • [必須]value_field_name: デフォルト値から変更する必要はありません。
  • [必須]body: リクエストをPOSTする際のbodyです。
    MCのAPIのドキュメントを参考に、bodyとなる値を入力してください。
    - "Data"以下に、任意の値を追加することができます。
    - ここで設定する変数名は、Marketing Cloudのエントリーソースとして指定するデータエクステンションのプロパティ名と一致させてください。
    - ContactKeyには、Marketing Cloudの連絡先キーと突合する値を変数として設定します。デフォルト値はMarketing Cloudの連絡先キーがemailであるケースを想定して#{email}が設定されていますので、任意に編集/追加してください。
    - #{val}の形でユーザー情報変数を挿入することも可能です。
    - 例: { "ContactKey": "#{email}", "EventDefinitionKey": "#{EventDefinitionKey}", "Data": { "accountNumber": #{accountNumber}, "patronName": "#{patronName}", "cv-date": #{cv_date} } }

[ユーザー情報変数]

KARTEから連携するユーザー情報変数を設定します。
デフォルトではContactKey#{email}であるケースを想定して、ユーザータグのメールアドレス(identify.email)が設定されていますので、任意に編集/追加してください。

データエクステンション更新テンプレート

[静的変数]

  • [必須]uri: API連携先のURIです。デフォルト値から変更する必要はありません。
  • [必須]value_field_name: デフォルト値から変更する必要はありません。
  • [必須]external_key: データエクステンションの外部キーを入力してください
  • [必須]body: リクエストをPOSTする際のbodyです。
    MCのAPIのドキュメントを参考に、bodyとなる値を入力してください。
    - 例: [ { "keys": { "email": "#{email}" }, "values": { "subscribe": true, "cv-date": #{cv_date} } } ]
    - #{val}の形でユーザー情報変数を挿入することも可能です。

[ユーザー情報変数]

KARTEから連携するユーザー情報変数を設定します。
デフォルトではbodykeys#{email}であるケースを想定して、ユーザータグのメールアドレス(identify.email)が設定されていますので、任意に編集/追加してください。

日付型フィールドについて

各テンプレートのbody内の、value_field_nameで指定された値(例: Journey発火テンプレート
"Data" データエクステンション更新テンプレート→"Values")について、Keyが-dateで終わるものは、日付形式(yyyy/mm/dd HH:MM:SS)への変換を行います。
これは、KARTEが日付をUnix時間で保存しているためです。
変換はJST(日本標準時)で行われます。

その他は、通常の接客サービス作成フローに準じて作成します。
任意のセグメント・配信ページで本接客サービスを配信すると、Salesforce marketing cloudのジャーニーへデータ連携されます。

その他

※Salesforce Marketing Cloudの詳しい利用方法については割愛しています。詳細はSalesforce Marketing Cloudのお問い合わせ先へご確認ください。

関連ページ

Datahubを利用したSalesforce Marketing Cloudとの連携

Updated about a year ago

Salesforce Marketing Cloud(API連携)


Suggested Edits are limited on API Reference Pages

You can only suggest edits to Markdown body content, but not to the API spec.