SDKのセットアップ

🚧

このドキュメントは古いバージョンのiOS SDK v1について記載しています

iOS SDK v1は 2021/05/11でサポート終了となります。
SDK v1 からのアップグレードについては、まず SDK v1からv2のアップグレード方法 をご覧ください。

SDK のセットアップは、CocoaPods を利用してセットアップする方法と、手動でセットアップする方法の2種類があります。

CocoaPods を利用してセットアップする

CocoaPods のダウンロード

CocoaPods は、Objective-C / Swift プロジェクト向けの依存管理ツールです。
インストールされていない場合は、以下のコマンドをターミナルで実行してください。

$ sudo gem install cocoapods

CocoaPods に関する詳細な情報は、こちら をご覧ください。

Podfile の追加

依存管理を行うためのファイルを追加します。
Xcode プロジェクトが存在するディレクトリに Podfile が存在しない場合は、以下のコマンドをターミナルで実行してください。

$ pod init

Podfile の編集

Podfile を任意のエディタで開き、KARTE SDK の情報を追記します。

pod 'KarteTracker'

SDK をインストール

以下のコマンドをターミナルで実行し、SDK をインストールします。

$ pod install

手動でセットアップする

SDK のダウンロード

こちら から最新の SDK をダウンロードしてください。

SDK のプロジェクトへの追加

ダウンロードしたファイルを展開すると、KarteTracker.embeddedframework というファイルがあるので、これをプロジェクトに追加します。

16561656

SDK をプロジェクトに追加する際、オプションの指定を求められます。
Copy items if neededCreate groups にチェックを入れた上で、適切なターゲットにチェックが入っていることを確認し、Finish ボタンを押します。

14581458

Build Phases > Link Binary With LibrariesKarteTracker.framework が、Copy Bundle ResourcesKarteTrackerResources.bundle が追加されていることを確認してください。
もし追加されていない場合は、それぞれ手動で追加してください。

18501850

依存フレームワークの追加

KARTE SDKが依存するフレームワークを追加します。
Build Phases > Link Binary With Libraries に、以下のフレームワークを追加してください。

フレームワークオプション
WebKit.frameworkRequired

ビルド設定の編集

ビルドに必要となる設定を追加します。
Build Settings > Other Linker Flags-ObjC を追加してください。

18481848

What’s Next