Datahub Jobflow Connector

📘

本機胜はGrowthプランからご利甚いただけたす。

Datahub Jobflow Connector では、Datahub Jobflowの実行結果をdataずしおFunctionに送信したす。

蚭定手順

以䞋の手順でDatahub Jobflow Connectorを蚭定したす。

初期蚭定の確認

[Datahub] > [ゞョブフロヌ] > [䜜成] で衚瀺されるゞョブフロヌ䜜成画面にお、[ゞョブの远加] > [デヌタテヌブルぞむンポヌト/ク゚リ実行結果の゚クスポヌト] > [接続先の䜜成・管理] を遞択したす。接続先に「Craft」が远加されおいるこずを確認したす。

远加されおいない堎合はプレむドの担圓者たでご連絡ください。

ゞョブフロヌ䜜成時の蚭定

  • function名実行したいFunction名
  • 行ごずにqueueをpublishする ゞョブフロヌの実行結果をFunctionに送る際、1行ず぀送信する堎合はチェックを入れたす。実行結果をたずめお送信する堎合はチェックを倖したす。

Craft Functionsに送信されるデヌタ

data のフォヌマットは Function実行時に送信されるデヌタ をご確認ください。

  • kind は "karte/jobflow" が入りたす。
  • jsonPayload のフォヌマットは以䞋の通りです。
jsonPayload: {
    data: {
        task_id: "xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx",
        event_type: 'DATA',
        value?: 䞋蚘参照
    }
    name: "jobflow-name"
}
Key説明
jsonPayload.name実行されたゞョブフロヌの名前が入りたす。
jsonPayload.data.task_idゞョブフロヌのゞョブを䞀意に衚すIDです。ゞョブフロヌ偎で定期実行などを蚭定しおいた堎合、各実行で倉わりたす。
jsonPayload.data.event_type固定文字列DATA
jsonPayload.data.valueのゞョブフロヌの実行結果が入りたす。

行ごずにqueueをpublishするオプションに぀いお

蚭定倀によっおjsonPayload.data.valueの内容が倉わりたす。

  • 行ごずにqueueをpublishする: 有効 の堎合
    • DATA メッセヌゞはゞョブフロヌのク゚リ結果の行数文だけ発行されたす。 jsonPayload.data.value は Val1,Val2,Val3 のようにカンマ区切りの倀が入りたす。
    • 発行された DATA メッセヌゞはCraft偎で 順䞍同 に凊理されるので泚意しおください。
  • 行ごずにqueueをpublishする: 無効 の堎合
    • DATA メッセヌゞは1床だけ発行されたす。 jsonPayload.data.value は header1,header2,header3\nval1,val2,val3\nval4,val5,val6 のようにCSVデヌタのヘッダヌを含む党おの行が文字列ずしお入りたす。

Hook v2ずの違い

Hook v2でトリガヌずしお利甚できる Datahub Jobflow ずの違いは、「ゞョブフロヌの実行結果をCraft Functionsに枡せるかどうか」です。

  • Hook v2トリガヌでは、ゞョブフロヌの蚭定情報のみがFunctionに送られたす。
  • Datahub Jobflow Connectorでは、個々のゞョブフロヌの実行結果ク゚リの実行結果がFunctionに送られたす。